ゼイタックス

17年度の飲食店倒産は701件で過去2番目の高水準

経営関連情報 - 2018年04月09日

 帝国データバンクが発表した「飲食店の倒産動向調査」結果によると、2017年度(2017年4月〜2018年3月)の飲食店の倒産は前年度比22.8%増の701件となり、4年ぶりに前年度を上回った。これまで最多だった2011年度(732件)に次ぐ過去2番目の高水準。負債総額は334億100万円で、同15.4%増となった。調査は、飲食事業を主業とする事業者(法人・個人事業者)で、負債1000万円以上・法的整理のみを対象としたもの。

 701件を業態別にみると、件数は全ての業態で前年度を上回った。居酒屋や焼鳥屋、おでん、もつ焼屋、ダイニングバーなどを含む「酒場・ビヤホール」が132件(構成比18.8%)で最も多く、次いで、「中華料理店・その他の東洋料理店」(110件)と「西洋料理店」(78件)、「バー・キャバレーなど」(71件)、「一般食堂」(65件)と続き、「中華料理店・その他の東洋料理店」と「西洋料理店」は過去最多の倒産件数だった。

 態様別では「破産」が669件(構成比95.4%)と太宗を占め、「民事再生」21件、「特別清算」11件となっている。また、都道府県別では「東京都」が116件(同16.5%)で最も多く、「大阪府」(114件)、「兵庫県」(59件)、「愛知県」(58件)、「神奈川県」(34件)などが続いた。前年度比では、「大阪府」が+22件で最も増え、次いで「東京都」と「兵庫県」がともに+13件だったほか、「広島県」(24件)は+12件と倍増した。

 同調査結果は↓
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p180401.pdf



ウィンドウを閉じる