ゼイタックス

2017年インターネット広告媒体費は1兆2206億円

経営関連情報 - 2018年04月02日

 D2C、サイバー・コミュニケーションズ、電通の3社が共同で実施した「インターネット広告媒体費の詳細分析」によると、2017年のインターネット広告媒体費は1兆2206億円(電通「2017年 日本の広告費」より)、そのうち、構成比が高いのはディスプレイ広告(40.9%)、リスティング広告(39.6%)で、合わせると約80%を占めた。ビデオ(動画)広告は1155億円で全体の9.5%と推定される。

 インターネット広告媒体費を取引手法別にみると、運用型広告9400億円(インターネット広告媒体費の内の77.0%:電通「2017年 日本の広告費」)、予約型広告(同14.4%)、成果報酬型広告(同8.6%)となる。さらに取引手法別×広告種別で分解すると、運用型のリスティング広告の構成比が39.6%と最も規模が大きく、次いで運用型のディスプレイ広告が29.4%と続いた。

 インターネット広告媒体費をデバイス別でみると、モバイル広告が8317億円(68.1%)、デスクトップ広告が3890億円(31.9%)となった。また、デバイス別×広告種別でみると、モバイルのディスプレイ広告が最も規模が大きく28.9%、次いでモバイルのリスティング広告が25.8%を占めた。デスクトップ広告では、リスティング広告が13.8%、ディスプレイ広告が12.0%となり、構成比ではわずかにリスティング広告が上回った。

 2018年のインターネット広告媒体費は前年比117.9%と、総額で1兆4397億円まで拡大と予測。デバイス別では、モバイル広告が前年比125.3%となり、2018年には1兆円を超え、デスクトップ広告は、前年を上回る102.3%になると予測。ビデオ(動画)広告費は2018年には、モバイル広告の大幅な伸長(前年比48.8%増)に加え、デスクトップ広告の着実な伸長(同8.2%増)が期待され、1612億円まで拡大(同39.5%増)すると予測される。

 なお、ディスプレイ広告は、サイトやアプリ上の広告枠に表示する画像、テキストなどの形式の広告及びタイアップ広告。リスティング広告は、検索キーワードやコンテンツに連動して表示するテキスト、画像(動画)形式の広告。ビデオ広告は、動画ファイル形式(映像・音声)の広告。成果報酬型広告は、ネット広告を閲覧したユーザーが、あらかじめ設定されたアクションを行った場合に、メディアや閲覧ユーザーに報酬が支払われる広告と定義。

 この件は↓
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2018037-0328.pdf



ウィンドウを閉じる