2016年08月01日
国税庁、「法人番号」について講師を派遣し出前講座

 国税庁が、「法人番号」について出前講座を実施している。法人番号とは、株式会社などの法人に指定される13ケタの番号。「行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する」ことを導入目的としており、行政機関サイドで法人の特定や名寄せなど情報管理の効率化が図れるほか、行政機関間の情報連携により行政手続上の届出や申請等のワンストップ化が実現すれば、企業側の負担も軽減するというメリットがある。

 法人番号は2015年10月から登記上の所在地に通知されており、国税庁のホームページ上でも詳しい情報を掲載しているが、理解は今ひとつ進んでいない。国税庁にも「『法人番号』って聞いたことがあるけど、どういうものなの?」、「『新規開業した法人』を探しているが、効率よく探すことができないの?」、「『お客様(法人)が法人名や所在地を入力する手間』を省けないかなぁ?」といった問い合わせが寄せられているという

 そこで、国税庁法人番号管理室では、法人番号について講師を派遣しての講演会や出前講座を実施している。職場や事業者団体での研修会、主催講演会などで希望があれば、担当職員を講師として派遣する。そこでは、広報用資料「法人番号について」を用いて、利活用事例を含めた法人番号について20〜50分の範囲内で説明する(マイナンバーなどの資料に基づかない内容についての講演は対象外となる)。

 講師の派遣が可能な期間は2016年9月30日(金)まで。講師派遣の要望があれば、説明会予定日の2週間前までに国税庁に問い合わせれば、原則、1週間以内に返答がくるという。なお、原則、参加予定人数が50名以上必要。講師派遣は、月〜金(祝祭日を除く)の9:30〜18:00となる。また、会場賃借料等の開催費用は全て主催者の負担となるが、講師への講演料、交通費等の支払は一切不要となっている。

 この件は↓
http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/houjinbangou/koshihaken.htm

ウィンドウを閉じる